カナダ トロントより突撃体験談 ~社長が行くってよ。お前が行くんかい!!!~

 

こんにちは。ヨシです。今回はイベントレポートです。

今回で3回目になるこの企画、Yoshiの突撃体験アルバイト!!! 

ワーホリの学生に対して、職場のレポートがないのもおかしい。学校のレポートはどこでもあるのに、、、、

その上で、学生目線を忘れるわけには行かない!!学生の経験をリアルに追求したい!!とことん二人三脚で歩けるエージェントを目指す!! というコンセプトで始まった企画です!

そして、ボランティアでもなく、社員でもなく、私が行く!!!というのも譲れません!!



はい。私一応代表ですが、何か?

 

今回の一日体験アルバイトにご協力頂いたのは、Torontoラーメン界の雄

RyusNoodle Bar

http://www.ryusnoodlebar.com/

そう、トロントでもトップクラスの人気店です。立地もダウンタウンの中心に位置し、若いカナディアン達にも絶大な人気を博しています。

率直な感想からお伝えしますと、、、

「ちょ、、、ちょっと待って、、、来過ぎ、、お客さん来過ぎ!!!


夕方4時からお店に入らせて頂き、10時半までノンストップ!!!

ディッシュウォッシュを中心にやらせて頂きましたが、器が足りなくなるよ~という声に恐怖を覚えました、、

あの時の焦り、半端なし!!!焦りレベルで例えればそう、スーパーのレジで自分の番が来た時に財布を忘れてる事に気付く位のレベルです。



通常ではディッシュウォッシュだけではなく、材料を切ったりするのも同時進行。<span style=
“font-family:"MS Mincho";mso-fareast-language:JA”>

私もキャベツ切りをやらせて頂きましたが、頂いた声は「おそ!!」でした()

ええ、明るく伝えましたけど、落ち込みましたが何か?


しかもいろんな所に視野を広げていないといけない。一つの事だけずっとやってればいい訳では無いんです。これはどの職業も一緒だと思います。分かってますが、それでもいっぱいいっぱいでした!!


異国の地で、頼れる人も環境も日本にいた時よりも確実に少なくて、、、そんな環境で歯を食いしばって生活している人々、学生達。

一言だけ     

かっこいいです!!!!

 

トロントでは全てが自分次第。踏ん張って歩くか。腐って人や環境のせいにするか。

ワーホリの学生は遊んで終わりなんて、留学を知らない人の言う事だと思います。皆何かを背負い、踏ん張ってると思います。それが伝わらない、伝えられない人もいるかと思いますが、それでも私は尊敬します。

あの大変な仕事をこなしながら、自分の力で歩む人々、絶対にかっこいい!!!

エージェントも人間。二人三脚はお互いに尊敬しあう事が絶対条件だと思っています。この経験を私もまたカウンセラーとして生かして行きたいと思います。

 

最後に、今回ご協力頂いたRyus Noodle Bar 代表のRyuさん、そしてりえこさん、本当に有難う御座いました!!!

ラーメンほんとに美味しいので皆様是非一度行ってみて下さい~!!!!