みなさんこんにちは!!ママです(*’▽’)

11月に入り、夏に比べて日が落ちてくるのがはやくなりましたね( ;∀;)

夏だと夜の9時過ぎだとまだまだ外が明かるかったのに今では夕方6時過ぎにはもう暗い。。。
そして先日の11月14日にサマータイムが終了致しました!!!!
みんな1時間多く寝れていたの気付いていたかなぁ??

そもそもサマータイム自体私達が馴染み無い物なのでみんなピンとこないですよね??
ママなりに分かりやすくサマータイムの説明をさせて頂きます!!

まず、私達はって言っていますよね??
アメリカ、カナダではって言うのはみなさんご存知でしょうか??
私がカナダに来たての頃はだと言う事を知らずに「みんななんの話をしているの??」ポカァーン( ゚Д゚)と言う感じでした!!



サマータイムって何??

サマータイムは主に欧米を中心に導入されており、1年の中で太陽の出ている時間を有効に過ごせるように1時間時間を進める制度です。
これだけでは少し理解をするのに困りますのね??
次の項目で説明させていただきます!!


なぜサマータイムがあるの??

例えばカナダ!!
カナダの夏は日本に比べて少し日が落ちるのが遅いんですね♫

日没
・通常→20時頃
・サマータイム後→21時頃

サマータイムが開始すると1時間早めるので日没の時間が21時になるんです( *´艸`)
少し得した気持ちになりませんか??
そして、日没も遅いんですが日の出も早い!!


日の出
・通常→ 4時30分頃
・サマータイム後→5時30分頃

サマータイムの導入によって時間を1時間早めると朝は今までと変わらず早くから日が上がっており夜は日が沈むのが遅くなります。

日照時間がみんなが行動する時間にぴったりあっていると言う事で日が出ている内にみんな働いてしっかり遊ぶと言う事で電気を使う時間が少なくなるんです!!

それが節電に繋がると言うことですね!

そして、みんなが外に出てしっかり遊ぶと言う事で外でより多くのお金が動くと言う事なので経済が良くなるんですね!!!
カナダに限らず多くの国で実は経済ととても結びついているのです。



サマータイム導入国

  • アメリカ合衆国
  • カナダ
  • イギリス
  • ヨーロッパ(※導入していない国もあります)
他の国でも導入しているところもあります♬♪



サマータイムはいつからいつまで??


《開始日》3月の第2日曜日午前2時
《終了日》11月の第1 日曜日午前2時

と言う事で今年は11月4日(日曜日)の午前2時に1 時間時間が戻りました。
二回も1時が来るとかなんて素敵な事なんだ!
って思うかもしれないけど、3月の第2日曜日に1時間進むのでなんちゃ変わっておりません( ;∀;)
2回も1時が来るってどういうこと???って思いますよね?



こうゆう感じで2時になった瞬間に1時に戻るんです!!

携帯の時計は自動的に時間が戻るのでその瞬間を見た方はかなり興奮されたのでは無いでしょうか??

そしてサマータイムが終了した後は日本とカナダの時差が14時間になります!!

そして、サマータイム開始の時は2時になった瞬間3時になるので2時が来ないと言う事になります!!
その瞬間日本との時差がサマータイムを迎えるまでの間13時間になります!


私なりに簡単に説明させていただきましたが少しはお役に立てたでしょうか??
来年のサマータイム開始は2019年 3月10日なので、サマータイム導入国におられる方はぜひ時計とにらめっこしてみて下さいね!
次のブログはクリスマス関連を紹介します♫

おたのしみに♪