留学体験談

Chika.Nakamura さん

≪自己紹介・留学理由≫
2020 年2 月~2020 年3 月の1か月間トロントで語学留学しました。
⾧期(約1年)で行くことを考えていましたが、海外での生活経験がないため1か月だけ行くことにしました。
私は自己主張はしない方で、優柔不断な性格で、学力もさほどあるわけでもありませんでしたが海外への憧れや英語力を上げたいというやる気だけで留学を決めました!トロントにした理由は比較的治安が良く、日焼けしたくないから暑いより寒いところが 良いと選択したところ、発音がキレイという情報からカナダに決めました。バンクーバかトロントで迷いましたが、ミュージカルなどが好きだったのでトロントにしました。


≪留学してよかったこと・成⾧したこと≫
日本とは違う街並みも人も楽しい、美しい!(家とか教会とか看板でさえも!!!) 外国に来たと実感したくて、寒いのに街見たさに歩いてばかりいました。
2 週間目からは耳もだんだん慣れてきて土地勘もつき、交通機関も使い慣れてきたので毎日どこかに出かけていました。(観光地とかカフェ、ショッピングモールなど。)ネイティブの発音を聞けたり、学校で他国の友達ができたり、ROOK で同じように頑張 る友達やROOK の人たちと関われたことも運命的だなと思いました。
この留学を通して、選択する勇気を持つことがどれだけ大事か学ぶことができました。 留学に行きたいと言える勇気が無ければ留学は実現してないし、人に話しかける勇気がなければ友達もできてない、お昼は米かパンかを選ぶ小さなことも。選ぶことが相手のためになることにも気づけなかったと思います。自分の意思で選択し行動することがいつも以上にできるようになった自分は、とても成⾧したと思います。
後はサマータイムに切り替わる日に遭遇したことが貴重なタイミングだったなって思います!その瞬間は見ることはできなかったけど、日本にはないことだったので嬉しかったです。日本との時差を考えることとか、気候や文化の日本との違いを知れることがとても面白かったです!


≪辛かったこと・後悔≫ 始めの1週間。緊張もしていて初めてのことばかりで、とにかく心の中の独り言が止まりませんでした。ネイティブの速さに言葉が聞き取れず、自分の語彙力や学力、対話力の無さに悔しくて、それでも優しくしてくれるホストマザーやROOK の皆さんに申し訳なくなって泣いてばかりでした。思い出すだけで泣けてしまいます(笑)
もっと勉強しておくべきだったというのはもちろん、聞かなくてはいけないであろう質問を文章にしておくだけでも違ったと思いました。
後は1 週間目を乗り越えたら残りはあっという間に過ぎてしまったのでもっと⾧くてもよかったなと思いました。他国の友達と遊びに行ったり、一緒に勉強したりとか、滞在期間が短くてそこまで出来なかったことがとても心残りです。夏のトロントで過ごしたかった。話を聞いてみると夏はイベントも多いし、日も⾧くなるとか聞いていたので楽しそうだなって!21 年しか生きてないけど、その人生でこんなに濃い1か月を過ごしたことはないくらい充実していて、不安になっていた留学前の気持ちを忘れてしまうくらい有意義に過ごせたと思います。そう思えるのも出会った色んな人の支えがあったからなので、とても感謝しています。今はコロナの影響で踏み出せない人が多いと思いますが、もし留学に興味を持っている人がいたら是非お勧めしたいと思います。